費用対効果を考えた新築アパートの投資運用方法とは

マンションのイラスト

目的を定めて物件選び

マンション投資は目的を決めてから物件を選ぶことが重要です。長期目標を立てて収入や融資の返済期間、売却益の期待度といった項目を考えて物件を選ぶと良いでしょう。高額の融資を受けるので長期で考えることが大切です。

室内

契約更新トラブルがない

リロケーションは通常の賃貸と違って定期借地権が適応されるため、契約更新がありません。通常の賃貸契約の場合には更新時に借主が更新の意志を示せば貸主はそれに応じなければならず、家を明け渡して欲しければ立退料を支払う必要があります。リロケーションならそういったトラブルがありません。

​​​​​
レディ

様々な不動産が利用可能

一括借り上げによる経営はマンションやアパートなどの居住用物件だけに限られるわけではありません。貸したい不動産や運用方法に応じて、扱ってくれる業者を探せば駐車場や倉庫などの経営も行ってもらうことができます。